山菜
Blog

芽吹く森のなか

芽吹きはじめた森のなか。

鮮やかな緑に暖かな陽射しが降り注ぐ。

この時期はミツバツツジも咲き始める。千年の森ではミツバツツジ・トウボクミツバツツジ・センダイミツバツツジ・コバノミツバツツジと4種類を楽しめる。見分け方は花びらの色の薄さや雄蕊の数や繊毛など難しい。ツツジの仲間のウスギヨウラクなども開花間近。長かった冬から森が目覚めていく様子が見てとれる。

 

また見て愛でるだけでなく、春の味覚、新芽たちも顔を出す。「春は苦味をもれ」という言い伝えの通りに、タラの芽、コシアブラなど山菜たちをいただくと身体が喜ぶ。採れたてを天ぷらでいただく贅沢なひととき。

森のなかを抜けるまだ少し冷たい風は、心地いい。

ミツバツツジPhoto:2020.5.2 miyabi

 

Blog

春はさくら

暖かい陽気に誘われて今年の桜の開花は
少し早く咲きました
4月上旬は穏やかなお天気が続き
街ではゆっくりとお花見ができたようです

お山の桜は寒の戻りで花冷えしたものの
今年も美しく咲き誇りました

そんな春のさくらと合わせてnoixも咲かせる予定が
まだ世間にも告知できてないもどかしさ

カタチにしようと考えてばかりで何も進んでないんですよね

「とりあえず出してみる」

春のさくらみたく
美しさを求めているばあいではない

はじめてみて
いつか思うカタチになればよい

写真は設楽町にある「清水のコヒガンザクラ」
この場所は地域の方が育てられた場所
年々、注目されてリピーターが増えている場所

見習わなくちゃ

photo:miyabi

Blog

森林資源の活用展示会にて

『森のセレクトリサイクルショップnoix』
森林資源の活用展示会に参加させていただきました。

2018年の春を立ち上げの目標と進めている中で
この展示会でどこまでの告知ができるか
探りながらいた

ワークショップなども考えていたが
結局、展示のみ。

思った以上にカタチにならない。

でも、やりたいことを少しでも出してみると
色んな声をかけていただく。

楽しい。

noixはいろんな人と一緒に楽しんでいけたらよいと思うのであります。

あっというまに時間が流れていく中で
大切にしたいことはブレない。

Blog

届けたいストーリー

noix(ノワ)を立ち上げる一番のきっかけは
千年の森に魅了されたこと

設楽町にある千年の森
子ども達によって育てられたブナの木が
この先ずっと続くようにと
願いを込めて名付けられた森

この森は四季を通して美しい

はじめて訪れたときからずっとずっと
魅了されている

noixのはじめてのイベント

この原点でもある千年の森のストーリーを
届けようと思う

本日その許可をいただく
笑顔がとってもうれしかった

がんばろう